地域福祉担当

地域福祉再構築推進事業

目的

地域包括ケアシステムを円滑に推進するため、医療・介護・福祉の各分野の機能向上と相互連携を強化する必要があり、本事業はそのうち福祉分野の再構築について、地域における生活福祉課題等に関する総合相談支援機能の充実と課題解決の仕組みづくりを推進することを目的とします。

事業内容(平成27年度)

平成25年度に本事業で策定した「地域福祉再構築研究会報告書」の具現化に向け、次の事業を行います。
(県受託事業)

1 モデル市町村による実践(平成26~27年度)
 ・横手市社会福祉協議会
 ・藤里町社会福祉協議会
 ・美郷町社会福祉協議会
2 モデル市町村連絡会の開催
 ・モデル市町村の進捗状況等に関する情報共有
 ・総合相談機能の充実及び課題解決の仕組みづくり等に関する研究
3 報告書の作成
 ・モデル市町村の実践事例を通した総合相談支援機能及び課題解決の仕組みづくり等に関する研究成果等を整理
4 地域福祉再構築の普及啓発
 ・研修会の開催
5 地域福祉を推進する人材の資質向上
  ・キーパーソン研修の開催
 ・キーパーソン派遣研修の実施

実施期間(受託期間)

平成25年4月1日から平成28年3月31日まで

 報告書

・平成25年度医療・介護・福祉ネットワーク事業地域福祉再構築研究会報告書「地域福祉の再構築に向けて」 (平成26年3月)
・平成26年度地域福祉再構築推進事業中間報告書 (平成27年3月)