福祉生活サポートセンター

日常生活自立支援事業について ※平成29年度から「地域福祉権利擁護事業」から事業名が変更となりました。

秋田県福祉生活サポートセンター

 秋田県福祉生活サポートセンターでは、判断能力が弱まってきた高齢者や知的障害者、精神に障害のある方が、住み慣れた地域で安心して生活できるように日常生活自立支援事業を実施し、次のようなサービスを提供しています。(1を基本に2と3のサービスをご利用いただけます。)

 日常生活自立支援事業パンフレット 【PDF】

1 福祉サービスの利用援助

  1. 福祉サービスに関する情報提供、助言
  2. 福祉サービスを利用し、または利用をやめるために必要な手続き援助
  3. 福祉サービス利用料を支払う手続き援助等
  4. 福祉サービスについての苦情解決制度の利用援助

※利用者ご本人の施設入所に関しての書類の記入は行っておりません。
このことに関しましては、ご本人・家族の方にお願いをいたします。

2 日常的金銭管理サービス

  1. 年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
  2. 医療費を支払う手続き
  3. 税金や社会保険料、公共料金等を支払う手続き
  4. 日用品の代金を支払う手続き
  5. 1.から4.の支払いにともなう預金の払戻、預金の解約、預金の預入れの手続き

※日用品を買う行為については行っておりません。

3 書類等の預かりサービス

1.年金証書  2.預貯金の通帳  3.権利証  4.契約書  5.保険証書  6.実印・銀行印   7.その他

※株券や債権等の有価証券や遺言書・不動産・貴金属・絵画等を預かることはできません。

ここで言う福祉サービスには、社会福祉法並びに介護保険法に定める福祉サービスのほか、市町村による独自の福祉サービスや、ボランテイアによる福祉サービス、公費負担のない民間の福祉サービス等も含まれます。