福祉サービス評価担当

介護サービス情報の公表

すべての介護サービス事業者が、自らの責任により介護サービスに関わる情報(利用者の選択に資する情報)を公表することが義務付けられています。
本会は、平成18年度から県の指定調査機関として事業を行ってきましたが、平成24年度から指定情報公表センターが調査・公表を一括で実施することに伴い、調査機関としての事業は終了しました。

介護サービス情報の公表とは

介護サービス事業所が点検(評価)した内容について、調査員が訪問のうえ事実確認を行い、利用者が事業所を選択する際の適正な情報として公表する仕組みです。
調査の結果は、県指定情報公表センターが運営する介護サービス情報公表システム)に公開します。

調査結果をみる → 公表システムへ