福祉サービス第三者評価

秋田赤十字乳児院

公開年月日:   2012年3月23日

施設名 アキタセキジュウジニュウジイン
秋田赤十字乳児院
施設種別 乳児院
所在地 秋田市広面字釣瓶町100-3
定員

30 名

立地環境  秋田市東部に位置する閑静な住宅街の中にあります。
学校や病院などのほかに小さな公園も各所にあり、四季おりおりの豊かな自然と文教的施設の整った子育てに適したところです。
周辺施設等からの
アクセス
JR秋田駅東口から大学病院行きで7分、山崎団地バス停下車徒歩3分
実施している事業等
デイケアサービス事業 午前7時~午後10時まで
病後児デイケア事業 病気の回復期に利用 午前7時~午後6時まで
ショートステイ事業 保護者の病気、出産、出張、育児疲れなど
でんわ相談「赤ちゃんほっとダイヤル」 午前8時30分~午後11時まで
育児サークル「愛あいクラブ」 月1回 第一木曜日開催 親子で楽しく遊びましょう
プレママサロン

月2回 第2、3木曜日開催(2回で1コース)
対象:はじめてのパパ・ママ・おばあちゃん等

 ボランティアの受け入れ

希望の日時・活動内容で参加 

   
   
   
職員配置
院長 1 名 事務長 1 名 看護師長 1 名
家庭支援
専門相談員
1 名 総務係長 1 名 養育係長 1 名
保育士 16名 看護師 4 名 栄養士 1 名
調理師 2 名 嘱託医 1 名 臨床心理士 1 名
職員内訳
正職員 19名 嘱託職員 4 名 臨時職員 8 名    
開設年月日 昭和24年8月15日
改築年月日 平成12年3月10日
連絡先 TEL:  018-884-1760
FAX:  018-884-1762
メール: rcanyujihiyoko-banbi@sunny.ocn.ne.jp
経営主体 日本赤十字社秋田県支部
ホームページ http://www.akita.jrc.or.jp/nyujiin/

 

施設の特徴(評価の高い点、改善が求められる点など)
 入所から退所まで二人担当制による一貫した養育体制で愛着関係づくりに努め、被虐待児等には少人数による個別の関わりを持てるよう小規模グループケアで情緒的な安定を図っており、「大声を出さない」「待つ」ことを養育の基本姿勢としている。
 子ども一人ひとりの毎日の健康状態を記録し、異常があれば近隣小児科や赤十字病院に受診する体制があり、病・虚弱児等にはポーテージ早期教育プログラムに基づき6つの発達領域毎に望ましい行動目標を掲げて養育の目安としている。
 できる限り一般家庭に近い生活環境を整えるため、授乳や沐浴時には声かけやスキンシップを図るよう徹底し、浴槽へのグループ入浴時には家庭復帰を見据え職員が共に入浴している。食事はバランスのとれた献立で、アレルギー食も普通食と見た目が変わらないよう食材や調理方法を工夫しているほか、成長に合わせてスプーンや箸などの使用と食事のマナーの習慣化にも努めている。また、子どもが入眠するまで添い寝したり、子どもと職員が個別に関わりながら「褒める」ことで排泄を意識させているほか、すべての衣類とタンスも一人ひとり個別化している。
 赤十字病院の臨床心理士による心理支援プログラムをケースファイル化し、子どもと保護者の愛着関係と養育意欲向上に生かしている。
 建物内部に木材を使用しているため全体的にあたたかい雰囲気で、全館床暖房により子どもたちが裸足で走り回れる環境のなか、精神面の安定が図られ、安心して遊び、生活している姿が見受けられる。
 今回は2回目の第三者評価受審であるが、前回評価結果の課題に対して迅速かつ的確に改善につなげており、院長の強いリーダーシップのもと職員が一丸となって養育環境の向上に取り組んでいる。
 

 

施設からのコメント
 この度、二度目の福祉サービス第三者評価を受審いたしました。
 ご指導をいただいた改善を必要とする事項については早速取り組んでいるところであります。
 これからも、利用者や地域の皆様に対する質の高いサービスの提供に向け、たゆまぬ努力を続けていきたいと思います。 

 

評価結果の詳細を見る

ワムネット