福祉サービス第三者評価

更望園

公開年月日:   2017年11月28日

施設名
コウボウエン
更望園
施設種別  知的障害者更生施設
所在地  小坂町小坂字大石平45
定員数 30 名
居室の形態
個室 0 室 2人部屋 16 室    
立地環境  秋田県北部の十和田湖に近い山あいに位置し、自然豊かな環境にあり、ゆったりと生活できる環境にあります。
周辺施設等からの
アクセス

東北自動車道小坂ICから車で20分
秋田自動車道小坂北ICから車で10分

実施している事業等
 施設入所支援  30名 16:00~9:00
 生活介護  30名 9:00~16:00
 短期入所  2名
   
   
   
   
   
   
   
職員配置
施設長 1 名 指導係長 1 名

主任生活
支援員

2 名
生活支援員 11 名 看護師 1 名 事務員 1 名
栄養士 1 名 調理員 3 名    
           
職員内訳
正職員 14 名 嘱託職員 0 名 臨時職員 7 名 パート 0 名
開設年月日  昭和59年4月1日
改築年月日  
連絡先 TEL:  0186-29-3740
FAX:  0186-29-3741
メール: koubouen-hfk@hanawafukushikai.jp
経営主体  社会福祉法人 花輪ふくし会
ホームページ http://a-hanawafukushikai.jp

 

施設の特徴(評価の高い点、改善が求められる点など) 

◇ 法人は経営理念を「笑顔とありがとうの心で地域福祉を創造します」と定め、「地域性のある福祉の創造」などの経営方針を掲げ、更望園はこれを受けて「個人の尊厳を基本として、日々の暮らしが健康的で明るい生活の実現に努める」など施設方針・理念を明文化している。その実現のため中期計画と各年度事業計画が策定されており、「明るく潤いのある生活の実現を支援する」などを重点事項に掲げ課題を明確にし、職員全体に周知徹底されている。また、利用者や家族にも法人理念・更望園運営方針や事業計画の内容を理解してもらえるよう、写真やプロジェクターを使用し、わかりやすく説明している。

◇ 事業所全体が一丸となって、積極的に業務改善の取組みを行っている。一人ひとりが研修目標シートを活用し、研修目標・研修後の実践目標・実践結果を記入することにより、人材育成とサービスの質の向上で効果が上がっている。人事考課制度も本格実施されて4年目になり、目標管理制度とともに効果が上がっている。メンタルヘルスチェックも(引き続き)行われ、職員の健康管理に配慮がなされている。平成29年度から外部監査が導入され、より透明性の高い運営の確保が図られている。事業所では、職員に対して、誕生日や記念日に休暇を取るよう推奨されており、年次休暇が取得しやすい環境になっている。

◇ 利用者支援業務標準の作成と個別支援計画により、利用者個々の状況に応じた支援サービスの質の向上に努めている。QOL活動委員会で業務標準に沿った課題を設定し、検証している。居室を木製パネルで仕切り2名で使用するなど、多床室の解消を図り、住環境の改善を行っている。更に、プライバシーの確保のための整備費を予算化している。災害時における非常食の備蓄を行い、5日分のメニューを作成し備えている。また、その一部を地域住民にも提供できるよう、体制を整えている。

◇ 苦情解決の仕組みが整備され、隔月でサービス点検調整委員会が開かれている。利用者は、直接第三者委員に苦情や相談ができる体制になっている。しかし、具体的な事案の受付はない状態となっているため、日常の細かな苦情解決やサービス向上についても記録し、報告することで、この仕組みの活用を期待したい。

◇ 施設の方針は個人の尊厳を基本として、個々の有する能力を維持継続し、自己選択・自己決定を基に、自立した日常生活を送ることができるよう、日中活動を農産班・あゆみ班・内職班のグループに分け、きめ細かい支援を行っている。利用者の自治会である「四季の友」では、地域で生活する住民の一員として地域のクリーンアップ活動を行い、地域貢献に努めている。
 

 

施設からのコメント

利用者様30名の生活介護・入所支援施設です。日中活動はあゆみ・内職・農産の3班で行われており、機能訓練やフルーツキャップ作業、農作物栽培を中心に行っています。同一敷地内では、同じ法人内の別事業所が、比内地鶏の養鶏や芝刈りなどの作業を行っており、日中の活動として、参加することができます。
重度・高齢化が進む中、利用者様個人の強みに着目し、利用者様一人ひとりのニーズに応えながら、毎日を楽しく、ゆったりと生活できるようサービスを提供しています。

 

評価結果の詳細を見る

ワムネット