福祉サービス第三者評価

県南愛児園「ドリームハウス」

更新年月日:   2018年4月3日

施設名
ヨコテシリツケンナンアイジエン

横手市立県南愛児園
「ドリームハウス」

 
施設種別 児童養護施設
所在地 横手市横山町1-1
定員 36 名
立地環境  同敷地内に横手地区保健行政の拠点である横手市保健センターや特別養護老人ホームすこやか横手を有し、徒歩10分圏内に横手市民会館や記念グランドがあり文化面や健康面でも児童養育に適した場所に立地。
周辺施設等からの
アクセス

 横手駅から徒歩10分、横手ICから車で5分

実施している事業等
 ショートステイ事業  児童を養育している家庭の保護者が疾病等の社会的な理由、ひとり親家庭等の仕事の理由等によって、家庭における児童の養育が一時的に困難となった場合に一定期間養育します。
 トワイライト事業  保護者が仕事等で平日の夜間又は休日に不在となるため、児童の養育で困難を生じている家庭の児童を預り、養育支援、食事の提供等を行います。
職員配置
施設長 1 名 主任兼里親専門相談員 1 名 家庭支援専門相談員  2 名
基幹的職員 1 名 個別対応職員 1 名 心理療法担当職員 1 名
事務員 1 名 保育士 9 名 児童指導員 9 名
調理員 4 名 栄養士 1 名    
職員内訳
総合職 10 名 一般職 15 名 パート 1 名
開設年月日  昭和26年5月1日  
改築年月日  平成8年8月28日
連絡先 TEL: 0182-32-6065
FAX: 0182-32-4678
メール: s-dream@family-care-service.or.jp
経営主体  社会福祉法人 ファミリーケアサービス
ホームページ http://family-care-service.com/

 

施設の特徴(評価の高い点、改善が求められる点など)

◇特に評価の高い点
*サービスマニュアルが整備されたことにより、アセスメントや各種様式が整備された。
*前回評価では、児童相談所の情報から自立支援計画が立案されていたが、今回の受審までにアセスメント様式・手順が確立され、大きな改善が見られた。個別ケースの記録様式についても整備された。

◇改善を求められる点
*全体的に慎重な自己評価となっていたが、着眼点一つひとつに対応するという意識ではなく、様々な業務が多くの評価項目に関連するという認識をもって日々の業務を行うことで更なる効果も期待でき、職員も誇りを持って支援に臨めると考える。
*職員が「当たり前のこと」として実際に支援している内容と、整備されたマニュアルの考え方との整合性が図られるとよい。
*マニュアルの内容を一人ひとりの職員が理解し、実際の支援に活用できるとよい。

 

施設からのコメント
 この度は第三者評価受審の講評を頂き大変ありがとうございました。丁寧に一つ一つ受審いただけましたこと改めて感謝申し上げます。日々子ども達の直接処遇に時間を費やし何が不備なのか、不足なのか適切な資料の整備等が整理されてなかった事がご指摘通りだったと思います。この度の評価で改めて課題がはっきり見えた次第です。真摯に受け止めたいと思っております。3年に一度の義務化は自分たちの仕事を振り返る良い機会であると思います。生活環境、地域との関係、危機管理等しっかり整備されて当たり前であると思います。施設生活を余儀なくされた子どもたちが何処の施設で生活しようとも同じサービスが受けられ安心して生活できる場を私たちは提供しなければいけません。今後は課題を精査し子ども達の支援・援助に精進して参りたいと思っております。

 

評価結果の詳細を見る

ワムネット
福祉サービス第三者評価事業ホームページ(全国社会福祉協議会)