ボランティア活動(かつどう)のポイント

  ボランティア活動(かつどう)をできるだけ長く、楽(なが  たの)しく(つづ)けていくためには、自分自身(じぶんじしん)にあった活動を見(かつどう み)つけることが大切(たいせつ)です。そのためのポイントをあげてみました。


@
身近(みぢか)なことからはじめてみましょう。
()まい」や「学校(がっこう)」、「勤務地(きんむち)」など自分の身近(じぶん みぢか)なところを活動の場所(かつどう ばしょ)とし、自分(じぶん)でできること、みんなでできることを(かんが)えてみましょう。

A
活動は無理(かつどう むり)をしないようにしましょう。
活動を長く続(かつどう なが つづ)けるためには、肩肘張(かたひじは)らずに、自分の力(じぶん ちから)見合った無理(みあ  むり)のない計画を立(けいかく た)て、楽しむ気持(たの きも)ちを持ち続(も つづ)けることが大切(たいせつ)だと(おも)います。 また、活動の目的(かつどう もくてき)をはっきりさせ、仕事や学業(しごと がくぎょう)など普段の暮(ふだん く)らしに影響(えいきょう)がでないようにしましょう。

B
約束と秘密(やくそく ひみつ)必ず守(かなら まも)りましょう。
ボランティア活動(かつどう)は、無償(むしょう)であっても責任を伴う活動(せきにん ともな かつどう)です。集合時間、訪問の約束(しゅうごうじかん ほうもん やくそく)など、相手(あいて)との約束や決(やくそく き)まりを(まも)ることが必要(ひつよう)です。無理な約束(むり やくそく)出来(でき)ない約束は安易(やくそく ようい)にしない。約束(やくそく)したら必ず守(かなら まも)りましょう。どうしても(まも)れそうにない場合は早(ばあい はや )めに連絡(れんらく)しましょう。 また、ボランティア活動は相手(かつどう あいて)のプライバシーに(かん)することに()れてしまうことも(おお)いものです。活動で知(かつどう し)った個人の情報(こじん じょうほう)は、他の人に話(ほか ひと はな)さないようにしましょう。そのことがより信頼関係を深(しんらいかんけい ふか)めていくことにもつながります。

C
相手(あいて)にあわせて活動(かつどう)しましょう。
自分で良(じぶん よ)いと(おも)ってしたことでも、相手(あいて)にとっては迷惑(めいわく)なことだったりします。相手と対等(あいて たいとう)立場で接(たちば せっ)し、相手の気持(あいて きも)ちを(かんが)えながら活動(かつどう)しましょう。 相手に頼(あいて たの)まれたことでも、自分(じぶん)にできないことは「できません」とはっきり言う勇気(い ゆうき)必要(ひつよう)です。

D
多くの人(おお  ひと)協力(きょうりょく)して活動(かつどう)しましょう。
ボランティア活動(かつどう)は、福祉や環境保全(ふくし かんきょうほぜん)教育・文化(きょういく・ぶんか)・スポーツ等幅広(などはばひろい)分野(ぶんや)にわたりますが、(おお)くの場合相手(ばあいあいて)との共同活動(きょうどうかつどう)になります。 ひとりの(ちから)には限界(げんかい)がありますし、グループでも(すべ)ての問題を解決(もんだい かいけつ)することが(むずか)しい場合(ばあい)があります。ひとりで問題(もんだい)抱え込(かか こ)まないで、他の人(ほか ひと)力が必要(ちから ひつよう)なときは協力(きょうりょく)してもらい、(こま)っている(ひと)がいたら協力(きょうりょく)しましょう。

E
家族や先生(かぞく せんせい)相談(そうだん)しながら活動(かつどう)しましょう。
ボランティア活動を始(かつどう はじ)めたことにより家族関係(かぞくかんけい)(わる)くなっては(こま)ります。家族(かぞく)など自分(じぶん)のまわりの(ひと)たちの理解を得(りかい え)ることが大切(たいせつ)です。
また、活動中(かつどうちゅう)(こま)ったこと・わからないことがあったら、ひとりで(なや)まずに、まず家族や先生(かぞく せんせい)相談(そうだん)しましょう。

F
安全に注意(あんぜん ちゅうい)事故(じこ)やケガに()をつけましょう。
活動(かつどう)するためには自分(じぶん)健康(けんこう)でなければいけません。健康や安全(けんこう あんぜん)にきをつけ、活動中(かつどうちゅう)事故(じこ)(そな)えボランティア保険(ほけん)加入(かにゅう)しておくと安心(あんしん )です。

G
活動記録(かつどうきろく)をメモしておきましょう。
ボランティア活動に対(かつどう たい)する意識(いしき)気持(きも)ちは、()わっていく(こと)があります。また、活動(かつどう)をよりよいものにしていくため、活動の記録(かつどう きろく)をつけておくと役立(やくだ)ちます。

H
ボランティアスクールなどに参加(さんか)しましょう。
今の活動(いま かつどう)をより()いものにするために、ボランティアスクールなどに参加(さんか)し、知識や技術(ちしき ぎじゅつ)身に付(み つ)けましょう。

I
あいさつを(わす)れないようにしましょう。