新地域支え合い事業

たすけあい広場 ゆたり(鹿角市)

居場所について

自宅の一部を開放し、ゆったりと時間が流れるアットホームな雰囲気が特徴

冬はこたつで、夏は座敷でのんびり もう一つの我が家のような居場所

平成24年8月に誰でも気軽に立ち寄り、交流できる場所として「たすけあい広場ゆたり」をオープン。自宅の一部を開放しており、もう一つの我が家のように和やかでアットホームな雰囲気が利用者の方から喜ばれている。
大人数で利用出来る大広間も完備しており、利用者の予定に合わせて使用することも可能。
またバザースペースもあり、のんびり話しをしながらちょっとした日用品の買い物もできるなど、訪れる人達が楽しめる工夫をこらしている。

活動のきっかけ

あたりまえに助け合い、あたりまえに支え合う心を大切にしていきたい

代表の渡部さんは学生時代から現在に至るまで数々のボランティア活動に参加をしており、活動の中でさまざまな立場からの見方や考え方を学び、そして人々とのふれあいを通じ、助け合い支え合う心を持つことの大切さを強く感じていたという。

人は一人では生きては行けないと誰もがよりよく輝いて生きるためにも人との交流の重要性を考え、心のふれあいができる場所が必要であるとの思いから、まずは自分ができることから始めようと自宅を開放し年代を問わず、誰でも気軽に立ち寄る事ができ、自由に過ごし交流が図れるサロンをスタートすることを決意した。

  • 運 営 たすけあい広場 ゆたり
  • 発足日 平成24年8月
  • 所在地 秋田県鹿角市八幡平字志和前18-1
  • 代表者 渡部 のり子
  • 連絡先 TEL 0186-32-2322 FAX 0186-32-2322
  • 開催日 毎週月・水・金  10:00〜15:00(冬期14:00)
  • 利用料 300円(飲み物・茶菓子付) 中学生以下無料

 

画像1