新地域支え合い事業

秋田県新地域支援事業市町村等研修会

住民から信頼される生活支援コーディネーターと協議体をどう選ぶか

平成27年7月7日(火) 10:30~17:00
中央シルバーエリア 
 
この研修会は、市町村でこれから設置していく協議体や生活支援コーディネーターを核にした地域支え合い体制づくりを目指し、具体的な戦略を練り、秋田県全体として動きを進めていくことを目的に開催しました。どのように進めていけばいいのか、地域ニーズをどのように把握するのか、どこにどのような活動をしている人がいるのか、他県・他市町村ではどのように取り組んでいるのか等について、情報交換しました。
 
 

基調説明

「改正介護保険-新地域支援事業のポイント-」
         厚生労働省老健局振興課 地域包括ケア推進係
            主査   寺 崎   譲   氏
 

基調講演

「目指す地域像からはじまる住民主体の地域づくり」
         ~生活支援コーディネーターと協議体をどう選び、どう取り組んでいくのか~
         公益財団法人さわやか福祉財団 
             会長 堀 田  力   氏
 

パネルディスカション

「県内各地の新地域支援事業の取り組み」~住民主体による地域づくりを目指して~
        パネリスト  鹿角市市民部長寿支援課 
                     長寿生活班班長   舘 花 新 一  氏
        パネリスト  小坂町地域包括支援センター
                     保健師  亀 田 いさ子  氏
        パネリスト  秋田市長寿福祉課地域包括ケア推進担当
                     主査  松 嶋  務  氏
        アドバイザー   厚生労働省老健局振興課 地域包括ケア推進係
                      主査   寺 崎   譲   氏
        コーディネーター   公益財団法人さわやか福祉財団 
                          会長 堀 田  力   氏
 

グループワーク

「生活支援コーディネーター及び協議体をどう選ぶか」
           ~地域の支えあいの推進に向けて市町村はどう取り組むのか~

 

画像1
画像2
画像3
画像4