新地域支え合い事業

地域交流サロン ばあちゃんち(熊本県熊本市)

居場所について

ひとり暮らしのばあちゃんちを地域の子育て支援の拠点にした
豊かな自然が広がる温かい日常生活がある場所。

ばあちゃんちは地域のみんなが集まる
「地域の大きな家」

熊本市植木町にある築100 年を超える農家。今も太田隅フジエさん(83 歳)が暮らしている。
玄関に入ると土の土間が広がり、襖をはずすと広い座敷になる。今は珍しくなった縁側もあり心地よい風が流れてくる。母屋、納屋、中庭とそして周りは畑に囲まれている。自然が広がる昔懐かしい風景がそのまま残った地域の交流と癒しの場所。「地域の大きな家」として親しまれている。

活動のきっかけ

生活の知恵を体験し共有する中で人は育つ

植木町は新興住宅地でもあり、子育て世代の不安解消のためにも地域で子どもを育み、人と人とのつながりを深めていこうと保育園や老人クラブ、民生委員、食生活改善グループなどで「山東子育て応援団」が結成された。
「地域の暮らしがあって日常生活の暮らしを共有する中で人は育っていきます。さまざまな世代の方と関わり、生活や子育ての知恵を学ぶ環境が大切です」と村上さんは話す。子育ては親の暮らしそのものであり地域で生活する知恵を体験することで親の自信を取り戻すことが先決だと考えた。
地域で安全に生活するためにも伝統的な暮らしの知恵を伝えることも大切であると、自然環境が豊かな場所を探していたところ、一人暮らしであった太田隅さんが「地域の人が来てくれることは嬉しい」と快く引き受けてくれた。そして平成17 年に地域の誰もが集える「地域交流サロンばあちゃんち」がオープンした。

活動内容

暮らしの作法を伝承
地域での生き方を学ぶ

  • 伝統食・郷土料理つくり
  • 農作物の栽培(地産地消)
  • 伝承遊び
  • 地域伝統文化の伝承
  • おばあちゃんの知恵袋
  • 育児・発達・栄養相談
  • チャレンジファミリー(家族支援)

世代を超えて交流を深め、暮らしの知恵を学べる場所として親しまれている。太田隅さんも「ばあちゃんち」が開催されるまでは体調を崩し入退院を繰り返していたが、地域とのふれあいによって見違えるほど元気になったという。この家に住むみんなのばあちゃんにとっては地域とのつながりが増えることによって見守りにつながっている。
毎日3~5 組、多い時で10 組の親子や近所の方が訪れ、子育ての相談などをしながらふれあいの時間を過ごしている。
ここでは憩いの空間として機能している他に「地域の台所」として生活の知恵や暮らしの作法を伝承している。「ばあちゃんち」には広い畑があり、大豆など多くの農産物を生産していて、管理を地元専業農家の方に協力をしていただきながら、訪れる親子や地域の方と一緒に育て収穫されている。
収穫された農作物は、ばあちゃんと集まった地域の方とで味噌・豆腐・漬物・干し柿などさまざまな食材に加工されたり、旬の物を使い料理をするなど、みんなでつくりみんなで郷土の味を堪能する。かまどでご飯を炊く経験もできる。
子ども達は農作業の経験をしながら「食べ物をつくる」ことから学ぶことができる。そしてさまざまな活動を通して日常生活での地域の食や文化を経験し、たくさんの人とのふれあいから生活の知恵、思いやりの心を学んでいる。
また親も地域の方とつながりを持ち人生の先輩から支えられ、親として暮らしを営む力を養っている。
子どもも親も温かい地域の方とのふれあいの中で季節を肌で感じ、季節にあった地域の生き方を共に学び、郷土を大切にする心が育つ場所になっている。

地域との関係

守り伝わっていく
郷土の心・生活の知恵

旬のものを使い素材を活かした料理を「ばあちゃんち」で覚えた親達が、郷土の心があふれた料理を家庭にふるまい伝統の味を伝えている。
また地域の方のアイデアでばあちゃんちの中に地域の方の手作り作品を飾るギャラリーがつくられ、訪れる人の目を楽しませている。ばあちゃんちを通して地域の支えあい、ふれあいの輪が広がっている。

スタッフ(活動者)との連携

子育て支援センターから職員2 名が訪れ常駐。子育てサークルをはじめ、老人会など多くの地域ボランティアの方がサポートしている。

運営継続のコツ

自分が楽しいと思うことを始めること。
一緒にいるだけではなく、一緒に作業をするなど日常生活の共同性があることによって、いかに日々の暮らしが楽しいか経験を通し伝えることが大切。

メッセージ

場所としての空間だけではなく、暮らしの時間をいかに共有するかを考えることが地域との関わり合いを高め支えあう関係へとつながっていくと考えています。

  • 運 営 植木山東子育て支援センター
  • 発足日 平成17 年10 月
  • 所在地 熊本県熊本市植木町岩野945(ばあちゃんち)
  • 代表者 村上 千幸
  • 連絡先 TEL 096-272-0699(山東保育園)TEL 096-273-1225(和幸保育園)
  • 開催日 月~日曜日(祝・祭日を除く)9:30~15:00
  • 利用料 無料(費用がかかる場合は実費微収)
画像1