シニアサークル

土川書道同好会

生涯学習として

生涯学習の一環として「書道同好会」を立ち上げたのは昭和57年4月でした。

のし袋や手紙の宛名くらいは書けるようになりたいものだ、と言う願望が最初でした。結成当時は男女併せて20人位の仲間で毎月1回公民館の1室に集まりました。所属は教育書道「日本習字」で、「漢字・墨画くらしの書・ペン習字・かな」等から、それぞれ会員個人の希望に基づいて選択し勉強を始めました。講師には吉成哲悟先生をお迎えして、書道の基本からの学習でした。その後、講師の先生は逝去され、会員は転勤、病気、死亡などで減り続け現在は女性のみ8名です。全員「教授」資格と「雅号」を取得しています。 作品は地区公民館の一隅をお借りして展示したり、年一回の文化祭にも出品しています。

書道の上達もさることながら、月一回の会は仲間との色々な会話、談笑が私たちには楽しい大切な一日です。(文 小笠原 美保子)

代表     笠原 美保子
市町村名   大仙市
活動場所   大仙市土川地区公民館
開始年月日  昭和57年4月
構成員    8名(女8名)
会費     年1,000円
照会先    小笠原 美保子
電話番号   0187-75-2299

画像1