シニアサークル

横手市老連バレーボール部会

笑顔で親睦と健康

先輩の方々が横手市老人クラブ(高齢者)の8人制バレーボールを結成されてから、今年で32年目を迎える。私達の健康作りの中で大切な言葉として「二動・二発」がある。一つの「動」はつねに目でボールを追うために目を動かすことである。二つめの「動」は身体全体を動かすことである。次に二発の一つは楽しく運動して汗を「発散」させること。二つには「発声」である。人間の日々の生活の中で大きい声を発することなど、健康作りに欠かせない大切な要素であるように思う。

練習中には年令を忘れ「それ行け、うまいぞ、よしよしそのちょうしだぞ」と励ましの声。ボールを追う目や身体の動きも軽く、とても高齢者とは思えないほどみんな輝いている。時には珍プレーなどもあって笑顔と笑い声が体育館いっぱいに響き合う。またスポーツを通じて交流を図り、健康的な老後生活につなげようと毎年他地区との練習試合や各種大会がある。日頃鍛えた成果を発揮しようと必死にコートを駆け回り、一点はいるごとに会場から拍手と声援、そして笑顔が耐えない楽しい雰囲気は何物にも代えられない喜びであり大きな幸せと生き甲斐を感じるとともに今後ともこのスポーツに情熱を燃やし、皆さんと仲良くつづけたいものと思っている。
(文 長澤 昭四郎)

代表者  柴田 純一
所在地  横手市
活動場所  朝倉公民館、旭公民館
設 立  昭和55年5月10日
人 数  31名(男8名・女23名)
会 費  年2,000円
会 員  募集中
照会先  長澤 昭四郎
連絡先  0182-32-3827

画像1