シニアサークル

男鹿市老人クラブ連合会女性部

地域で支えあう健康づくり

男鹿市老人クラブ連合会女性部では、移動友愛会(小旅行)を年に数回実施している。
これは、平素一人暮らしや虚弱、外出がおっくうな会員に活力を与え、地域の中で高齢者同志がお互いに励まし合って楽しみを共有し、喜びを実感する主旨のものである。これは、最低の経費(1500円前後)で、みんなが楽しめる日帰り旅行である。
例えば、県内の美術館、科学博物館、介護施設、最新式のショッピングセンター、美しい公園等の見学、途中下車する道の駅での再会は、絶好の娯楽交流の場であり、その明るい声は正に生き甲斐そのものである。
1回の参加者は260人程、観光バスと福祉バスで5台以上も連なる高速道路は、実に壮観である。

又、東北夏祭り見学にも参加し、地元老若男女の町をあげての伝統行事に一晩ひたり、すばらしい芸術、歴史や文化を学んで翌朝帰途に着く。
この他、市老連では「生きがいと健康づくり」に関する8項目(①暮らしと薬、②健康相談、③健康保持、④心と身体の健康づくり、⑤友愛活動、⑥健康維持、⑦健康レクリエーション、⑧高齢者の料理教室)の講習会を行い、各地区11会場で実績を挙げている。

講師には、県から依頼、市の保健師、介護専門職員、栄養士、軽スポーツ教師、薬剤師等である。
ささやかな女性部主幹の事業であるが、高齢者の会員が自らの事業に対して理解を深め「自分の健康は自ら維持する」ことを誓い合っている。
いわゆる介護予防のためにも、地域の支えあいは生活上において不可欠の重要性をもつものと思われる。

年々、会員の満喫した笑顔が増えていることを嬉しく思い、この事業の継続に当たりたい。
(文 船木 ケイ)

代表者  山下 正三
設 立  平成6年6月1日
人 数  2,160名 (男60名 女2,100名)
開催場所  各地区公民館
会 費  年1,500円
照会者  男鹿市老人クラブ連合会
所 在  男鹿市
連絡先  0185-24-4802

画像1