生きがい・健康づくり

シニアサークル

なつメロと踊りの会

懐かしのメロディ(なつメロ)で心の健康を

年を重ねる人たちには遠き過去と、それぞれの思い出があります。その度毎に生活の支えになってくれた懐かしいメロディを歌い踊る愛好者の集いです。平成3年、心の健康のためにと、故 齋藤春直氏(旧平鹿町)が創立者となり、会員は市内はもとより県南全域から参加しており、歌と踊り、合わせて172名が登録しています。現在は、当時一緒に立ち上げた菊地喜一郎さんと、大坂琴子さんのお二人が代表を務め、月に一度南部シルバーエリアの新館の大広間の舞台にて、歌い手と踊り手がスポットライトを浴びながら熱演しております。

また観客と共に懐かしい歌や踊りを楽しむプログラムもあり、満員の会場は観客からの大きな拍手と笑顔で賑わっております。定期的な開催の他に、歌と踊りで微笑みのある暮らしをお届けするため、町内福祉施設へのボランティア活動を行っております。  会員一同、毎月の会を楽しみにしております。
(文  佐々木 桃子)

代表者  菊地 喜一郎・大坂 琴子
設 立  平成3年
人 数  172名(男23名・女149名)
開催場所  秋田県南部老人福祉総合エリア
会 費  なし
照会者  秋田県南部老人福祉総合エリア
所 在  横手市
連絡先  0182-26-3880

画像1