福祉保健研修内容

施設等相談援助職員研修

職域研修、特別研修

職域研修研修
研修名 施設等相談援助職員研修
目 的

相談援助職員として、利用者や家族等とのより良い関係を築き、有益な解決を探るための
知識と技術を学びます。

対象者

社会福祉施設(保育所を除く)、介護保険施設・事業者、社会福祉協議会、県市町村にて
利用者、利用者家族との相談・面接等を現在業務としている職員で、通算相談援助業務経験
が2年以上5年未満の者。
※1施設1名の申込みとし、過年度の本研修講師の受講者を除く。

科 目
  
1   講義     「社会福祉と面接技法」
2 講義・演習  「面接技法」
3 講義・演習  「面接の実際①~②」
研修日 R2/7/1~2(延期) 受講定員 70名
要綱PDF  準備中 受講申込書 申込期間中に「研修受付システム
よりお申込みください。