福祉保健研修内容

認知症介護研修詳細:小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修

認知症介護研修

認知症介護研修研修
研修名 小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修
目  的 小規模多機能型居宅介護事業所が利用者に関する居宅介護支援計画等を適切に作成するため、「基準の正しい理解」「適切なサービスの提供」「利用計画作成」などの当該サービスに係わる必要な知識・技術の理解を深め、認知症高齢者に対する介護サービスの充実を図ることを目的とする。
対象者 指定小規模多機能型居宅介護事業所または指定複合型サービス事業所(今後、開設が予定される事業所を含む)において介護支援専門員として計画作成に従事している方(予定者を含む)であって、下記のいずれかの研修を修了している方。
※ただし、サテライト型指定小規模多機能型居宅介護事業所については、介護支援専門員証の交付を受けていない方も含みます。
1 認知症介護実践者研修
2 痴呆介護実務者研修(基礎課程)
3 痴呆介護実務者研修(専門課程)
科  目 【日程及びカリキュラムについては実施要綱からもご確認ください。】
1 小規模多機能ケアの視点
2 ケアマネジメント論及びその実際(講義)
3 地域生活支援
4 チームケアについて
5 居宅介護支援計画作成の実際(講義)
6 居宅介護支援計画作成の実際(演習)
7 振り返り
研修日      第1回:H29/9/20~21             第2回:H30/1/25~26 受講定員 各回 30名
要綱PDF 受講申込書