福祉保健研修内容

介護従事者講座『介護記録の理解と実践』

自主企画研修

自主企画研修
研修名 介護従事者講座 「介護記録の理解と実践」
目  的  社会福祉施設・事業所職員には、利用者本位のサービス提供のため、利用者に関する情報
の適切な記録が求められます。
介護記録は、サービス利用者の状況やサービスの提供内容について、家族・保護者等が理解
できる内容で正確に記載される必要があるほか、個別介護計画を意識した質の高いケアや介
護事故の予防・防止等に向けて活用する視点も重要です。
本講座は、介護記録に関する必要な知識や、客観的かつ正確な記録をするための技術を学ぶ
ことを目的に開催します。
対象者 秋田県内の老人福祉施設、介護保険施設・事業所に勤務し、実施に介護業務に就いている職員
※受講対象外:①介護支援専門員、相談員など直接介護に従事していない職員、②看護師
科  目 1.「介護記録の目的と・重要性について」
2.「介護記録のポイント」
研修日

第1回:R2/11/18
第2回:R2/12/9

受講定員 各コース 80名
要綱PD  準備中 受講申込方法 申込期間中に「研修受付システム
よりお申込みください。