福祉保健研修内容

自主企画研修詳細:社会福祉施設等中堅職員スキルアップ研修

自主企画研修

自主企画研修
研修名 社会福祉施設等中堅職員スキルアップ研修
目  的  社会福祉施設・事業所の中堅後期(概ね5年以上10年未満)にある職員は、日常業務の中でサービス提供の要として中核的な役割が求められています。
 この研修は、本会が秋田県の委託を受けて実施してきている「福祉保健施設・事業所等職員中堅研修Ⅰ(組織性)」を基盤として、期待されている役割を発揮するために必要な知識や技術を学び、現場での実践力を高めていくとともに、一層のスキルアップを目指します。
〔目標〕
①サービス提供の中核としての役割認識を深める
②日常業務の標準化の推進、後輩職員の指導、OJT(業務を通じた訓練)の実践について学ぶ
③自己課題の形成や自己啓発(自己成長、能力開発)の手法を学ぶ
対象者  社会福祉施設(保育所を除く)、介護保険施設・事業所、社会福祉協議会等の職員で、下記の(1)(2)のいずれかに該当する方を対象とします。ただし、すでに主任・係長等の役職にある方を除きます。
(1)福祉保健人材・研修センターが過年度に実施した「福祉保健施設・事業者等職員中堅研修Ⅰ(組織性)」の
   修了者
(2)上記研修を未受講の場合は、次の①及び②に該当する方
  ①現職場での業務経験が概ね5年以上10年未満の方
  ②現職場のサービス提供の中核的な方、またそのような活躍が期待されている方
科  目 科目1:講義・演習(個人ワーク、グループワーク)
     「チームリーダーに求められる役割の理解促進」
科目2:講義・演習(個人ワーク、グループワーク)
     「日常業務点検と支援事故の予防・防止」
科目3:講義・演習(個人ワーク、グループワーク)
     「OJTを通じた職員指導と自己の能力開発」
研修日 H29/11/7~8  受講定員 80
要綱PDF 受講申込方法 申込期間中に「研修受付システム」よりお申込みください。