福祉の仕事や資格・人材について

介護福祉士修学資金等貸付事業について

介護福祉士修学資金の貸付について

 介護福祉士養成校に在学する方に、無利子で修学資金をお貸しします。
 各養成校を卒業後、秋田県内で介護の業務に5年間従事すると、貸付金の返還が全額免除になります。また、過疎地域自立促進特別措置法に規定される過疎地域(秋田県では秋田市・潟上市・大潟村を除く22市町村)で連続3年間従事した場合は、その時点で返還が全額免除となります。

【申請方法】

毎年3月頃、介護福祉士養成校宛に募集案内を送付します。貸付けを希望される方は、各養成校の担当者を通して申請してください。 

【申請書類】

 修学資金貸付申請書(PDF)・養成施設等からの推薦状(PDF)

介護福祉士実務者研修受講資金の貸付について

  秋田県内の実務者研修施設に在学する方で、卒業後に秋田県内で介護福祉士の業務に従事する意思のある方に介護福祉士実務者研修の受講資金(上限20万円)をお貸しします。
  養成施設を卒業した日から1年以内に介護福祉士の登録を行い、秋田県内で2年間継続して介護の業務に従事すると貸付金が全額免除となります。
  

【申請方法】

「実務者研修受講資金貸付申請書」と、実務者研修施設からの「推薦状」、その他添付書類を本会宛にお送りください。

【申請書類】

 実務者研修受講資金貸付申請書(PDF)・実務者研修施設からの推薦状(PDF)

職介護人材再就職準備資金の貸付について

   介護の仕事への再チャレンジをお考えの方に、再就職準備資金(上限20万円)をお貸しします。
 秋田県内で2年間継続して介護の業務に従事すると貸付金が全額免除となります。

【対象となる方】

 下の4つの条件を満たす方が対象となります。

 かつて介護職員として1年以上お勤めの方

 次のいずれかにあてはまる方
  ①介護福祉士
  ②介護職員実務者研修修了者
  ③介護職員初任者研修修了者(介護職員基礎研修、ヘルパー1級・2級含む)
 介護職員処遇改善加算の対象となる介護サービスを提供する事業所又は施設

  に、介護職員等として就労した方
 直近の介護職員等として離職した日から再就労する日までの間に、離職介護福

   祉士届出制度に登録するか、又は秋田県社会福祉協議会福祉保健人材・研修
  センターに届出書の送付を行った方

【申請方法】

申請前に、介護職員として離職した日から再就労する日までの間に、離職介護福祉士等届出制度に登録するか、又は「再就職準備資金利用者届出書」を秋田県社会福祉協議会福祉保健人材・研修センターにお送りいただくことが必要です。申請時には、「再就職準備資金利用申請書」とその他添付書類を本会にお送りください。また、再就職先決定後には、「修学等資金業務従事届」を送付いただきます。

【関係書類】

再就職準備金利用者届出書(PDF)・離職介護人材再就職準備資金申請書(PDF)

修学等資金業務従事届(PDF)※業務従事先からの証明が必要です。

介護福祉士修学資金等貸付事業パンフレット

介護福祉士実務者研修受講資金・介護福祉士修学資金(PDF)

離職介護人材再就職準備資金(PDF)

お問い合わせ、お申し込み

   〒010-0922 秋田市旭北栄町1-5 秋田県社会福祉会館5階
   社会福祉法人 秋田県社会福祉協議会 秋田県福祉保健人材・研修センター
      TEL 018-864-2880